Make your own free website on Tripod.com
The FreeDOS Project
Frequently Asked Questions
FreeDOS Now!  Download FreeDOS Files

English Page is here.

この書類は FreeDOS Project とそのゴールに関してしばしば起こされた質問に答えるために indended されます。どうかプロジェクトコーディネーターと連絡を取る前に、ここでこの書類を読んでからあなたの質問が答えられるかどうか決定してください。

修正歴史:

注意:
この FAQ はだいぶ古くなっています 新しい FAQ がまもなく利用可能になるでしょう
James Hall 氏から連絡があり、セクション 1.5 に訳者注を付け加えました。


目次

セクション1: 普通の質問への特定の答え

セクション2: 一般的なインフォメーション

セクション3: テクニカルインフォメーション

セクション4: もっと多くのインフォメーションを得る方法


セクション1: 普通の質問への特定の答え
目次 | 次のセクション

1.0 なぜあなたは DJGPP を使っていませんか?

DJGPP は素晴らしいプロダクトです、しかしそれはただ 386+ マシンでのコードを生成するだけです。 FreeDOS のゴールがすべての PC コンパチブルのマシン上で走ることであるから、 DJGPP は FreeDOS 開発に適していません。

1.1 なぜ32ビットの多重タスク処理あるいは他の進歩した特徴を加えないか?

なぜなら我々は最初に16ビットのシングルタスクプロダクトを出荷する必要があります。このようなフリーオペレーティングシステムは存在しません。もし我々が我々がすでに持っているものにますます多くの特徴を加え続けるなら、これは非常に FreeDOS の完成を長くして、そして延期するでしょう。

FreeDOS Project のゴールは明らかに定義されます。もしあなたが自由な32ビットのマルチタスク処理オペレーティングシステムを必要としているなら、我々は Linux あるいは FreeBSD を推薦します。心配しないでください、あなたは我々の感情を傷つけないでしょう。

1.2 なぜ MICRO-C を使うか?それは floats あるいは typedef のをサポートしません!

これは絶対的に本当です。MICRO-C の少数の、特定の限界にもかかわらず、それは excecllent と自由なプロダクトであって、そして小さいコマンドライン指向のユーティリティーを組み立てることについてのタスクによく合っています。

真剣に: あなたは ATTRIB のようなプログラムを開発するために進歩したコマーシャルC/ C++ コンパイラに対して何百ドルもを支払う必要がありますか? フリーのオペレーティングシステムを作り出すのにフリーのコンパイラを選ぶことによって、単に FreeDOS プロジェクトは哲学的にそれ自身のゴールと一貫しているだけではありません、新しい人々が購入するべき特定のコンパイラがないから、より簡単に開発に参加することができます。

1.3 けれども待ってください!それならなぜ DOS-C カーネルはボーランドCで書かれますか?

DOS-C カーネルの開発が FreeDOS Project の出生に先行します。 FreeDOS オペレーティングシステムの基礎として DOS-C カーネルのユニークな境遇のために、そして MICRO-C あるいは何か他のコンパイラにそれをポートするように要求される時と努力のために、DOS-C 開発はボーランドCの下で続けるでしょう。

1.4私はいずれかのプログラムに作動するようにさせることができません。FreeDOS はがらくたですか、あるいは何ですか?

You could throw up your hands and delete FreeDOS from your hard disk if you run into problems while using it. あるいは、問題の一部である代わりに、解決の一部であって、そして我々にあなたの特定の問題の本質の詳細な報告を送ってください。 もし我々が問題に気付いていないなら、我々はそれらを修正することができません。

1.5 何が FreeDOS の創作者 James Hall に起こりましたか?

James Hall は1995年に大学を卒業して、そして彼の個人消息欄とキャリア義務のために、もう FreeDOS Project との掛かり合いを続けることが可能ではありませんでした。

訳者注
現在 James Hall は既に FreeDOS Project に戻っており FreeDOS インストールプログラム等を作成してプロジェクトで活発に活動しています


セクション2: 一般的なインフォメーション
目次| 次のセクション前のセクション

2.0 FreeDOS Project のゴールは何ですか

FreeDOS Project のゴールは完全に自由な MS-DOS(tm) コンパチブルのオペレーティングシステムを作ることです。FreeDOS はすべての DOS 実行可能なプラットホームの上に、 XT から Pentium Pro まで実行できるでしょう。

2.1 Free-DOS の理由は何ですか?

There are many, many users out there who either do not have access to hardware which is capable of running, or who do not require the complexity of, today's 32-bit operating systems such as Windows 95(tm), OS/2(tm), or UN*X.

さらに、FreeDOS は特許料の支払い無しでビジネス、学校と組織のために利用可能であるでしょう。 Free-DOS will also be an option for hobbyists, hackers, and anyone who would enjoy a chance to examine or customize the source code and inner workings of a real operating system for educational, practical, or recreational purposes.

2.2 FreeDOS は何ではないでしょうか?

FreeDOS は多重タスク処理ではないでしょう。それはオブジェクト指向ではないでしょう。それはグラフィカルインタフェース やフラットなメモリモデルを含まないでしょう、あるいは32ビットのプロテクトモードで稼働しないでしょう。

我々がこれらのもののどれも切望しないということではありません。 FreeDOS の進歩した、32ビットのバージョンの能力について思案することは面白くて、そして興味を起こさせます。 しかしながら、それはFreeDOS の独特の方向で進む前に、最初に、16ビットの MS-DOS コンパチブルのオペレーティング・システムを完成することがゴールです。

2.3 誰が FreeDOS を所有しますか?

皆以外誰も。FreeDOS 、それのプログラムとドキュメンテーションを関連づけて、GNU一般公有使用許諾諸(GPL)の用語の下で守られます。これは FreeDOS が、それ以上のコピーすることを限定する試みがない限り、自由にコピーされることができることを意味します。 すべての著作権はオリジナルの著者によって維持されます。 すべてのソースコードが publically に利用可能であるでしょう。 Free-DOS に関して、もっと多くのインフォメーションの含まれる GPL の全文を見てください。

2.4 どのように FreeDOS プロジェクト開発が組織化されますか?

FreeDOS プロジェクト委員会、上級の貢献者と Free-DOS と関係する関係者のグループ、は決定をして、そして標準を FreeDOS Project にセットするために存在する個人のグループです。

FreeDOS プロジェクトは多くの特定のグループから成り立ちます、そしてこれらのグループのそれぞれが調整者を持っています。これらのグループはユーティリティ、シェル、カーネル、テスト、そしてドキュメンテーショングループです。


セクション3: テクニカルインフォメーション。
目次 | 次のセクション前のセクション

3.0 何が正確に FreeDOS に含められますか?

FreeDOS は完全な、独自のオペレーティングシステムであるでしょう。それはカーネル、シェルとユーティリティーのフルの賛辞を含みます。 さらに、 FreeDOS はすべての開発の仕事のためにフリーウェアCコンパイラを使っています。それぞれが下に別に記述されます。

3.1 DOS-C カーネルは何ですか?

「カーネル」はオペレーティング・システムの心臓です。それは低レベルの機能とルーチンを含んでいる特別なプログラムであって、そしてハードウェアとソフトウェアの間のギャップをつなぎます。 Pat Villani による DOS-C は FreeDOS オペレーティングシステムのために基礎を形成するカーネルです。DOS-C は、名前が暗示するように、完全にCに書かれて、そしてやがて100% MS-DOS コンパチブルになるでしょう。

3.2 FreeDOS シェルは何ですか?

シェルはロードして、そして他のプログラムを走らせるために使われる対話型のプログラムであって、そして通常同じくコンピュータを実際に有用にするために必要なツールと機能の基本的なセットを供給します。MS-DOS に精通したユーザーが COMMAND.COM としてこのプログラムを知るでしょう。

数人の他のデベロッパーと一緒に共同で Tim Norman によって書かれた FreeDOS COMMAND.COM はパイプ処理すること、リダイレクション、コマンドラインヒストリーとエディット、いくつかの組み込みの機能とバッチファイル能力を供給します。 未来のバージョンがコマンドエイリアシングのような拡張を加えるでしょう。

3.3 FreeDOS ユーティリティーは何ですか?

オペレーティング・システムに伴うユーティリティーはユーザーに生産的なタスクを行って、そして計算環境をコントロールして、そしてカスタマイズすることができるようにするよう意図されます。

FreeDOS ユーティリティーは、MS-DOS ユーザーが ATTRIB から XCOPY としてよく知られているプログラムの伝統的な各種組み合わせを含みます。 いくらかがわずかに異なるでしょう、いくらかが拡張されるでしょう、そしていくらかがずっと前に MS-DOS を持っている含まれるべきであったプログラムであるでしょう。

3.4 DDS MICRO-C コンパイラは何ですか?

MICRO-C はGNU一般公有使用許諾諸の用語の下で出版されないから公式には FreeDOS の一部ではありません、MICRO-C は有能な、そして上手にデザインされた自由なプロダクトです。そしてそれは、8086コンパチブルのコードを作り出すことができるフリーのコンパイラが利用可能になるまで FreeDOS プログラムの標準コンパイラとして選ばれました。

3.5 Free-DOS は若干の特定のマシン上で走るでしょうか?

恐らく。DOS-C カーネルは本当に IBM PC(tm) コンパチブルのほとんどすべてのハードウェア上で走るでしょう。 非常に古いハードウェア、あるいは場合によっては非常に新しいか、あるいは珍しいハードウェアが DOS-C を走らせるのにてこずるかもしれません。現在、DOS-C カーネルは正確に2番目のハードドライブを扱いません。

3.6 FreeDOS がいずれかの特定のプログラムを走らせるでしょうか?

多分。 人々が FreeDOS を走らせる時持っている問題の大部分がバグあるいは DOS-C カーネルの未完成の部分のためです。DOS-C カーネルの最近のバージョン (v0.91a) は WordPerfect 5.1 と DOOM を走らせることが可能です。 Microsoft Windows は現在 DOS-C の下で走りません。

3.7 FreeDOS は何の MS-DOS のバージョンとコンパチブルでしょうか?

FreeDOS は MS-DOS バージョン 3.30 とコンパチブルであるでしょう。これの理由は MS-DOS v3.30 と MS-DOS の次のバージョンの間に実際に極めて少数しか基本的な変更がないということです。


セクション4: もっと多くのインフォメーションを得る方法。
目次前のセクション

4.0 公式の FreeDOS Web ページはどこにありますか?

公式の FreeDOS Web ページのアドレス :

4.1 公式の FreeDOS FTP サイトはどこにありますか?

Free-DOS FTP サイトのアドレス :

4.2 FreeDOS のためにメーリングリストがありますか?

どうか vpro.nl においての古いメーリングリストがもうアクティブではないことを注意してください。新しいリストが list.freedos.org において確立されました。 To subscribe or unsubscribe, see the list page at:

4.3 FreeDOS のために Usenet ニューズグループがありますか?

FreeDOS は公式のニューズグループを持っていません。 しかしながら、公式の発表が次の Usenet ニューズグループの上に時折発生するでしょう:

4.4  Free-DOS のために連絡を取れる人々は誰ですか?

プロジェクト調整者: M. "Hannibal" Toal <mtoal@arctic.nsbsd.k12.ak.us>
カーネル開発: Pat Villani <patv@iop.com>
シェル開発: Tim Norman <normat@rpi.edu>
ユーティリティ開発: Bryon Quackenbush <odo@cris.com>
ドキュメンテーション: BearHeart (a.k.a. Bill Weinman) <bearheart@bearnet.com>
テスト: これはあなたであり得た!!!<your@name.here>

4.5 どのように私は Free-DOS 開発に参加することができますか?

OK, well, congratulations on making it this far! あなたは、FreeDOS が何であるか、それが何であるか、そしてどこにプロジェクトが向かっているかについて、今アイデアを持つべきです。 もしあなたがいっそう関係したいなら:

もしあなたが一流のプログラマー、あるいは野望にみちた一流のプログラマーさえであるなら:

実際に、本当にそれほどではなく書かれる必要がある新しいコードがあります。 A lot of what needs to be done is to port existing code to MICRO-C, along with extensive testing and error reporting to assist Pat Villani with DOS-C development. We're at the point where FreeDOS is 90% done, but also where the last 10% seems to take 90% of the time.


必要とされた皆のために、私はあなたの、 FreeDOS に対しての興味のために、そしてこの書類を再検討するのに時を要することに対してあなたを感謝したいです。我々はあなたが我々と合流するであろうことを希望します。

M. "Hannibal" Toal