Make your own free website on Tripod.com
FreeDOS Tech Note 004 - 2 July 1998
COMMAND.COM v0.73 の Readme ファイル


このファイルは直された若干のバグ、そして COMMAND.COM に付け加えた特徴を詳述します。

- M. "Hannibal" Toal, 2 July 98



Subject:                   Com073
 Resent-Date:              1 Jul 1998 14:00:25 -0000
 Resent-From:              fd-dev@list.freedos.org
   Resent-CC:              recipient list not shown: ;
        Date:              Wed, 1 Jul 1998 11:29:53 -0230
        From:              Rob Lake <rlake@cs.mun.ca>
          To:              "'FreeDOS List'" <fd-dev@list.freedos.org>, 
                           "'Morgan Toal'"<mtoal@crsd.k12.ak.us>

 

       私は Tim Norman のコマンドシェルのリリースを組み立てました。バージョンは 0.73 であって、そして過去の月に私がそれの上にした仕事を含めます。これは私が何をしたかについて概説している HISTORY.TXT ファイルからの抜粋です:

07/01/98 version 0.73 (Rob Lake)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
o サポートされた新しい DIR コマンド: /S, /B, /L, /A そして /W
 ( /R が /S に変わりました) 同じく /? が加えられました。
o 環境変数で DIRCMD をサポートします
o ハイフンでコマンドを止めることをサポートします
 ( ex. /-S は再起的にリストアップすることを止めます)
o DIR と DEL のためのエラーメッセージをさらに MS-DOS'ish に変えました
o エラーメッセージを DIR.C と DEL.C から COMMAND.H に動かしました
 (さらに多くが間もなくそこに行くかもしれません)
o dir *.ext/X が働かないバグを直しませんでした
 (ファイルスペックとスラッシュの間のスペース)
o DEL コマンドに対するワイルドカードサポートを加えました
o DEL コマンドにプロンプトとヘルプスイッチをそれぞれ /P と /? として加えました
o シェルを envoking する時 /C でのサポートを加えました
o カーネルがシェルをロードする時 /P サポートを加えました
 これはシェルが今永久であることを意味して、そして AUTOEXEC.BAT を走らせます
 ( /E が実行されません)
o デベロッパーリストに私の名前( Rob Lake )を加えました
o 引数なしで、そして適切なスイッチで、保証書と再分配掲示とデベロッパーリストで著作権通知をプリントアウトするためにバージョンルーチンを変えました

私は人々が私がこのリリースでしたことをテストして、そして、何が働くか、そして何が働かないかについて、私にメッセージを送ってくれることを好むでしょう。うまくいけば他のカップルがこれの上に私と会うことができました( John Price と Mr か M S ? Aitchison です)新しいバージョンは com073-x.zip と com073-s.zip を含んでいる http://www.ucs.mun.ca/~z63rrl/utils.html において com073.zip (~121kB) として見いだされることができます。申し立てが指摘します:このリリースはエラーハンドリングを含んでいません。それは近い将来されると希望を抱いて願う。

幸運と、そして楽しんでください
Rob Lake
rlake@cs.mun.ca
http://www.ucs.mun.ca/~z63rrl/

 *** List info, status, FAQ, etc.: <http://www.webmonster.net/lists/>
 
 


98.07.4 翻訳 M.Hakosima